住宅ローンと貯金どの程度の比率がいい?

ローン返済中心に考えるのは問題

住宅を購入するタイミングは様々です。多くは結婚をして子供ができ、子供が小学生に上がる前ぐらいに準備したいと考えるでしょう。購入者の年齢としては30歳代が多く、30年ローンでも何とか定年までに返済ができそうです。この時にはどんな住宅を購入するかになりますが、返済できない住宅を購入するのは良くありません。年収に対して一定割合であれば何とか返済が可能になります。年収に対する比率を考える時、ローン返済だけを考えるのも問題です。日々の生活費、ローンの返済以外にも将来のための貯金が必要だからです。教育費や老後の生活費などを別途用意しなければいけません。ローン返済の割合を大きくし過ぎると、貯金に回せなくなり将来困ります。

ライフプランを立てて適切な割合を調べる

住宅ローンを利用するとき、返済負担率で借りる金額を計算するかもしれません。これは、年収に対していくら返済するかの割合です。一応目安が示されていて、20パーセントから30パーセントぐらいとしているデータが多いです。ただし、それぞれの家計で事情は異なります。年収の金額、求める住宅のレベル、家族の人数、将来のライフプラン等ひとくくりにはできません。そこで行いたいのがライフプランニングです。将来の年収や支出の予想を立てながら、ローンに充てられる金額とそれ以外の金額の割合を計算します。子供が複数人いるなら教育費用が必要になるので、貯金の割合が増えます。自営業者は公的年金が少ないので貯金の割合を増やすなどが必要になります。