知らないと損をする可能性も!?住宅ローンの専門用語!

変動金利と固定金利と固定金利選択

住宅ローンを利用するとき、いろいろな選択をしなければいけません。その時にそれらの選択肢の違い、意味を知っておかないと後で後悔する可能性があります。多くの金融機関では、金利の種類が選べます。よくあるのは変動金利と固定金利です。固定金利は、最初の契約時に完済までの金利が決まっている金利です。変動金利は、一定期間ごとに金利が見直され、その都度新たに決まった金利が適用されます。見た目には変動金利が低いですが、将来的に高くなると固定金利よりも金利負担が大きくなるかもしれません。固定金利選択型と呼ばれる商品があり、一定期間固定ですが一定期間が経過すると金利の見直しがあります。固定金利と変動金利の間をとったような金利になります。

元利均等返済と元本均等返済

住宅ローンは非常に大きな金額を非常に長い期間にわたって利用します。今は低金利なので金利負担は低めですが、それでも利息は発生します。できれば支払う利息を少なくしたいと考えている人もいるでしょう。返済方法として、元利均等返済と元金均等返済があります。元利均等返済は、元本と利息の合計額が毎月同じになるよう決まっている返済方法です。元金均等返済は、毎月元金の返済額が同じになるよう決まっています。当初の返済額は元金均等返済が多くなりますが、その分将来の利息負担が減るので総返済額も元利均等返済よりも少なくなります。負担を最初に持ってくるか後に引きのばすかが異なります。自分のライフスタイルに合わせて選ぶと良いでしょう。